dTV洋画コンテンツ

dTVに登録してPCとテレビで動画配信を見る

dTVは、12万作品の映画やドラマ、アニメなどのコンテンツがで楽しめる月額500円(税抜)の動画配信サービスです。2015年4月に「dビデオ」から「dTV」に改名しています。dTVは、2015年11月下旬から4K画質配信にも対応し、dTV独占のオリジナルドラマや、ミュージックビデオなどの一部プレミアムコンテンツを4K画質で配信する予定です。dTVというサービス名ですが、ドコモ会員じゃなくても利用できる動画配信サービスです。

dTVはドコモ以外でも登録できる

dTVの初回の無料期間は31日で、月額500円でサービスを利用することができます。会員登録に必要なドコモIDはドコモ以外でも登録できるので、誰でも登録することができます。

icon-asterisk dTVの登録方法

まず最初にdTVのサイトへ。

dTVにアクセスしたら、トップページの「無料お試しはこちら」をクリックして登録を進めていきます。
docomoID「初回31日間無料登録」画面
「初回31日間無料登録」を選択します。
docomoID登録ステップ2
上記①、②を確認にチェックを入れて「docomo IDを新規登録してdTVに登録する」をクリックします。既に持っているdocomo IDでdTVに登録することもできます。docomoIDは、「dアカウント」に名称が変更されているので、docomoID=dアカウントということになります。

docomoIDをメールアドレスで発行登録

docomoID(=dアカウント)の発行方法を選びます。メールアドレスで発行する場合は「ドコモの回線をお持ちでない方」をクリックします。FacebookアカウントやYahoo!JAPANアカウントでdocomoIDを発行することもできます。

docomoid登録メールアドレス入力

登録したメールアドレスにワンタイムキーが届くので、ワンタイムキーを入力して「docomo IDの発行」へ。その後、ニックネームと携帯電話の機種を選んで(PCのみやない場合はその他-その他を選択)docomo IDの登録が完了します。

dTVの登録がまだ済んでないので、docomo IDの登録完了後の「戻る」をクリック。

dTVを申込む
「dTVを申込む」「dTVの利用規約に同意する」にチェックを入れて次へ。
月額利用を継続する場合にクレジットカードが必要なので、カード情報を登録して次へ。
申し込み内容の確認画面が出るので「手続きを完了する」をクリックするとdTVへの登録が完了します。

これで、メールアドレスでdTVにログインすると、dTVが31日間無料で利用できるようになります。期間内に解約すれば課金されないので、とりあえず31日間の無料体験を利用してみることをおすすめします。

テレビ視聴はdTVターミナルやChromecastで

テレビでdTVを見るには、dTVターミナルやChromecastなどのメディアストリーミング機器をテレビと繋ぐことでdTVの約12万コンテンツを視聴できます。そのほか、Apple TV、dTV対応テレビ、ひかりTVチューナーなどでdTVの視聴ができます。dTVターミナルは、ドコモショップまたはドコモオンラインショップなどの通販サイトで購入できます。

dTVターミナルのザッピングUIはチャンネルの切り替えが早くて使いやすく、専用リモコンが使えるという利便性も大きいです。dTVターミナルがあれば、テレビの大画面でdTVコンテンツがサクサク快適に見られます。

その他のTV用デバイスの対応一覧はコチラ:dTV,hulu,U-NEXT,Netflix,PrimeVideoのTV用HDMI端末一覧表

dTVの配信コンテンツ例

dTVには、映画、テレビ番組、BeeTV、音楽のコンテンツがあります。

dTV洋画コンテンツ

dTVの洋画作品

洋画作品には、『ミッション:インポッシブル』シリーズや、『トランスポーター』シリーズ、『ローン・サバイバー』などの見放題コンテンツや、レンタル作品があります。15年10月時点での洋画レンタル作品には、『バイオハザードV リトリビューション』、『ワイルド・スピード EURO MISSION』などが配信されています。
邦画作品には、『デスノート the Last name』、11月30日までの期間限定で『クローズZERO Ⅱ』などが置かれています。

icon-chevron-circle-down dTV 31日間無料キャンペーンはコチラ